ドゥマゲテで入院した
熱中症に気がつかなかった   2018.2-記



新年をドゥマゲテで

ドゥマゲテの地図  2018年はフィリピンで新年を迎えようと、連れ合いと一緒にドゥマゲテに行った。
ドゥマゲテは小さな街で、期待していたとおり、過ごしやすい綺麗な街だった。
大通りこそトライシクルが走り、いささか騒々しい。しかし、大通りを離れると静かな南国の空気が流れ、とても気持ちがいい。
なによりも街の人々が楽し気に動いている。これが見ていて、とても気持ちがいい。

  毎日会っているだろう人たちが、顔を合わせると笑顔で挨拶しあう。そして、手を挙げて軽くハグしあう。
ボクは市場のなかの食堂に座って、路上に駐車されたオートバイの列をみている。
色の黒い彼は、オートバイを路上駐車させて、オートバイを管理する。そして、オーナーから5ペソつまり10円を受け取るのが、彼の収入である。
彼は決して裕福だとは思えない。
しかし、何か良いことでもあったのだろうか。


オートバイ路上管理人の楽しげな日々

毎日が楽しくて仕方ないといった感じがよく伝わってくる。
彼だけではない。市場の人たちが皆楽しそうなのだ。

  そんな南国の冬、毎日28~30度くらいを楽しみながら、ドゥマゲテで新年を迎えた。
しかし、突然に体調を崩して入院する羽目になってしまった。
海外で入院するのは滅多にある体験ではない。その顛末を書いておきたい。
南国で入院といえば、まず食あたりを思い浮かべるだろう。ボクもそうだった。1月3日のことだった。


バイクのオーナーから5ペソを受け取る

  ドゥマゲテ滞在1週間たった深夜、気持ちが悪くなって目が覚めた。
何だか分からないが、戻しそうな気分。
いやな予感とともにバスルームにかけこむと、消化されていない夕食が吹きあげてきた。
何にあたったのだろうか。まだ嘔吐感が続いている。喉に指を入れて、完全に戻してしまう。
しかし、不思議なことに下痢はしない。12時を少しまわる頃だった。
ベッドに戻ると、コップに一杯の水をのんだ。
下痢こそしていないが、戻すのは食あたりと決めていた。だから水を飲んだ。そして、眠りに落ちた。
しかし、1時間もしないうちに再び吐き気に襲われて目が覚める。


スタンドを軸にしてバイクを軽々と回転させる

バスルームに駆け込んで戻す。
2度目は吐くものも少なく、胃がねじれるように痛い。
気持ちが悪い。口の奥に指を入れると、わずかな食べかすと黄色い液体が上がってきた。
これでスッキリしたと安心した。今度は便意を催してきた。固形の便が出た。
やれやれとベッドにもどる。口の中が気持ち悪い。
水をコップに一杯飲んで眠りにおちる。
1時間くらいたっただろうか。3度目の嘔吐感で目が覚める。
バスルームに駆け込み、黄色い液体をはき出す。
もう胃には水しかないので、吐くのは液体だけだ。吐き気が落ちついてきたら、今度は便意である。
前回と違って、ほとんど水のような便だった。
水を飲んでベッドに潜り込む。
ウトウトする。また吐き気がする。バスルームに行くが、黄色い液体しかでない。
胃を絞るようにして、液体を吐き出す。なんとか落ち着く。もう便意はない。
こうして朝まで6回、水を飲んでは吐くことを繰り返した。
朝方軽い下痢をしたが、吐くことに比べると下痢はたいしたことはない。
水を飲んでも、すべて戻してしまう。6時過ぎにも戻してしまった。
やや体力が落ちてきた感じがする。

広告


次に進む